顔の長さや左右の対 したヒューマンの顔面輪郭!

ヒューマンの顔面輪郭

HUMAN TV

これまで知らなかった整形に関する情報を映像で簡単に確認してください。

ヒューマンの顔面輪郭形成システム

理想的な比率に最も近い顔の形にいたします。 自分に最も似合う顔を形成 するためには比率を考 える必要があります。
現在の顔の比率から減 らしたり増やしたりする部分や 立体感が必要な部分を考慮し、
最も適切な手術とデザインで 顔の形を変えなければなりません。

顔面輪郭の 手術方法

  • 頬骨縮小術

    内視鏡クイック頬骨縮小術、デュアル頬骨縮小術 側面の頬骨が発達した場合には内視鏡クイック頬骨縮小術、
    側面の頬骨と斜め45度からの頬骨体部がす べて突出した場合にはデュアル頬骨縮小術で、

  • エラ(下顎角)縮小

    エラ(耳下の顎)縮小術
    長曲線エラ(耳下から口角の下までの部位)縮小術
    角ばった広い顎の骨を単純に切除するだけでなく、脂肪や筋肉を適切に除去し、 残りの骨をきれいに削るのでズレの心配もいらず、滑らかでシャープなラインを作ります。

  • オトガイ手術

    オトガイ短縮手術、オトガイ前進術、オトガイ後進術、T字型骨切り術 オトガイの形や長さから患者様にぴったりの手術方法を選び、骨切りした後、
    チタンプレートで安全に固定をします。

  • Vライン形成術

    エラとオトガイを同時に手術し、Vラインの小さくてシャープなラインを完成

ヒューマンの内視鏡 クイック頬骨縮小術

頬のたるみの最小化、早い回復! 正面の頬骨を完全に骨切りせずに線を引くように部分骨切りをし、側面の頬骨を切って中に入れ込む方法で、頬骨の剥離が少なく、
回復の早い内視鏡クイック頬骨縮小術で頬のたるみを心配することなく、シャープなラインを作ることができます。

  • Step
    01

    1:1 맞춤 디자인 수술전 대표 원장의 정확한
    진단과 CT촬영으로 절골이
    필요한 돌출된 부위에
    정확한 디자인

  • Step
    02

    두피절개 수면마취 하에 귀 윗부분
    두피에 2.5cm 정도의 절개를 가하고 내시경 카메라를 삽입

  • Step
    03

    광대뼈 절골 절골 시킬 광대뼈 부위만을
    최소 박리한 후 광대 앞쪽
    몸체는 부분 절골하고 귀 앞쪽의 광대 뒷부분은 완전 절골

  • Step
    04

    뼈 밀어넣기 절골된 광대뼈를 밀어 넣어주고
    화면을 통해 들어간 정도와
    뼈의 고정상태를 확인

  • Step
    04

    봉합 후 마무리 두피절개 부위를 봉합하고
    수술을 마무리

内視鏡クイック頬骨縮小術の 特徴

  • 固定装置の
    必要なし
  • 違和感もなく、
    X-Rayでも露出されない
  • 剥離も少なく、
    頬のたるみの心配なし
  • 固定装置がなくても骨の安定性
    が維持されるため、副作用がほとんどない

デュアル頬骨縮小のメリット

  • 精巧な施術と安全な固定 ヒューマンデュアル 頬骨縮小は不癒合や頬の肉が垂れ下がる心配が少ない。
    安全なチタニウム固定装置を利用した確かな固定で 不癒合の恐れと剥離の可能性を
    最小化して、 手術の正確度を高め、 頬が垂れる可能性も著しく減らしました。

  • 360度自然な顔ライン ヒューマンのデュアル頬骨縮小は45度頬骨からと横の頬骨まで
    縮小効果が大きく、自然なボリューム感と立体感を感じられます。
    また、縮小の程度の調節や顔の非対称の矯正 が可能です。

#チタン固定装置で再発防止 #縮小の程度調節可能 #顔の非対称矯正が可能 #横の頬骨 と45度頬骨いずれも縮小可能 #最小剥離で頬が垂れ下がるのを最小化

ヒュー マンのエラ縮小

小顔効果のためのヒューマンのノウハウ!

  • 耳下(一般)えら縮小

  • 長曲線えら縮小

一般のえら縮小 VS ヒューマンのえら縮小
耳の下の角ば った顎だけ切除 して二次角が発生する可 能性がある 骨切除 耳下から前 顎の近くまで 長曲線に 切除するため、 二次角のないスムーズ なあごのライン
なし 皮質骨切除 骨の外側の 皮質骨を 切除して 正面から見た 場合でも 効果 がみられる
なし 筋肉および 脂肪除去 筋肉と脂肪 を適切に 除去して肌のしわを防ぎ, さらにスリムに見 える効果
比率とあ ごラインを考慮せ ず耳下の角張っ たあごだけ除去 手術方法 3D-CTによる 精密診断,比 率と顎ラインを考 慮した手術
顔の側面縮小 効果で正面に も効果を感じる ことは難しい 手術効果 正面,側面 ともに確実 な変化で小さく 細長い顔

1. バッカルファット除去+咬筋縮小術

下顎角が発達して顔の幅が広い場合には、下顎角だけを切除すると術後は 横顔のラインが柔らかくシャ ープになる可能 性がありますが、正面顔がシャー プになる効果はあまり ありません。
柔らかいラインを維持しながら下顎角を切除して、柔らかい顎のラインを作り、
骨の最も外側の層を薄くし(バッカルファット除去)、咬筋を縮小(咬筋縮小術)させます。
骨の厚さと顎の筋肉が同時に減るため、正面から顎の横幅を減らして顔を小さく見せる効果が得られます。

  • 皮質骨切除 正面効果のため,骨 の外側の皮質骨の一 部を節制し,骨の 厚さを薄くします。

  • 咬筋縮小術 発達した筋肉と脂 肪を減らして骨と皮膚 の間の空間を減ら し,さらにスリムな顎 ラインを作ってくれます。

2. 長曲線エラ縮小術

耳下の角部から下顎体までを減らす長曲線エラ縮小術とバッカルファット除去、
咬筋縮小術によりズレることなく口角の下まで滑らかで柔らかなラインを形成し、正面からの縮小効果が得られます。

  • 下あごボディーの体積 感が大きい場合は 老け顔とみられる

  • 下あごボディーの体 積感を減らせば! 童顔効果

ヒューマン のオトガイ手術

正面はVライン、横顔は柔らかなSライン

  • 斜線から3~4mm後

  • 中央免部:下安免部=1:0.8の割合

  • 下唇の下が優雅なSライン

  • Vラインをなす顎下

顔の長さと曲線を形成するオトガイ手術は、オトガイの形によって手術方法を決定することになります。
オトガイの長さと形を一度に整えるT字型骨切り術は、長い顎、引っ込んだ顎、広い顎などのタイプに合わせて適用することができます。
T字型骨切り術は、オトガイをT字型に切除し、不必要な骨を除去して集め、オトガイの形を改善します。

#どんなオトガイの形でも改善可能 #神経損傷や副作用の可能性が低い #シャープなVライン効果 #簡単な手術、スピーディーな回復

ヒューマンの 顔面輪郭精密診断

精密診断のための最先端装備3D-CT

CT撮影で、顔の骨の形やタイプ、 神経の位置などを 多角度から 精密に分析 することができます。
手術前の骨の構造や 神経の位置などを把握し、 組織に損傷や副作用 のないように予防し、
患者様に必要かつ正確な手術が行われます。

TOP